結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−返信方法

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式の招待状を貰ったら−返信方法

結婚式の招待状を頂いたら、絶対に返信はがきを出しましょう。
マナーというか、常識です。もし、結婚式の招待状を自分が頂いたら...
今回は、結婚式の招待状への返信はがきの書き方を解説します。

招待状には、「お名前」や「ご住所」など「御」や「お」が書いてあります。
ここは斜線または二重線で消します。なぜなら、招待状を受け取る自分に対しての敬語なのです。
文字を消す時には、マジックで塗りつぶしたり、ボールペンで書き消すのは、
社会人として常識的とは言えません。修正液も使わないほうが良いでしょう。

結婚式に出席できるんなら、なるべく早く返信葉書を出しましょう。
結婚式に出席できない場合には、逆にあまり早く返信葉書を出さない方が良いでしょう。

結婚式の招待状の返信葉書の書式で、洒落た返信方法もあります。
前述した「御」や「お」の敬語を、二重線や斜線で消さないで、【寿】という文字で
消す方法です。年配の方が使うのを見かけます。黒のインクじゃなくて、赤インクで書くと
より、お祝い感が漂います。赤は良いですが、ピンクはNGです。基本は黒。グレーもNG。

また、結婚式の招待状を返信する際、葉書の余白に、
出席の場合、お礼や祝福のメッセージを書き添える。欠席の場合、欠席の理由を書き添える。
後者の欠席の場合、理由は、あまり正直に書かずに、あいまいに書いた方がよい場合もありますよ。
   

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−返信方法

Edit