結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の席次表 >  結婚式の席次表

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式の席次表

招待する人が決まれば、次は結婚式の席次です。席順ですなぁ…これも悩みの種です。基本的な席順の決め方があります。
まず、
・メイン(新郎新婦)のテーブルに向かって左側は、、、新郎の来賓
・メイン(新郎新婦)のテーブルに向かって右側は・・・新婦の来賓
・メイン(新郎新婦)のテーブルに一番近い席・・・恩師や勤務先の上司=主賓格
・勤務先の上司→勤務先の人/知人→勤務先の同僚、学生時代の友人/知人→親族(最も下座が両親)
続いて、席次表の肩書きについてですが、これも基本があります。
・勤務先関係や仕事関係の肩書きは、有限会社とか株式会社の区別はせず、「社長」ではなく、「代表取締役」とか「・・事業部 ・・部長」と書くことです。

まだ続きます・・・席次表の家族の敬称は、
・両親とか兄弟、姉妹、同居の爺ちゃん婆ちゃんには敬称はつけません。要するに「様」をつけてはいけません。

さてさて、続いて・・・伯父/伯母と叔父/叔母の区別については、
紛らわしいですねぇ。まず、両親の兄弟姉妹が両親よりも年上か年下かで決まります。年上だと伯父と伯母、年下だと叔父と叔母。たとえ、夫婦で歳の差があっても、兄弟姉妹の年齢によって夫婦共々伯父/伯母や叔父/叔母になります。

まだまだあります・・・従兄弟(従姉妹)の区別とその配偶者の区別については、
・親類関係の新郎新婦のどちらかより年上だと、従兄か従姉。また配偶者は齢に別なく従姉か従兄。
・親類関係の新郎新婦のどちらかより年下だと、従弟か従妹。また配偶者は齢に別なく従妹か従弟。

結婚式に招待された年配の方など特に、席次を意外と気にする人もいます。以上のことを頭に入れといて、家族や、ウエディングプランナーと相談してましょう!結構、地域独特の風習なんかがあったりしますからね!

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の席次表 >  結婚式の席次表

Edit