結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−お返事マナー

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式の招待状を貰ったら−お返事マナー

結婚式の招待状を頂いたら、出欠席の返事をするのがマナーです。
結婚式の招待状の返信はがきには“御出席”“御欠席”と書いてあります。出席する時には、出席の上の「御」という受け取る側に対する敬語と「御欠席」の文字を縦の線1本、斜線、二重線で消してから返信します。より一層良いのは、「出席」の文字の上に“喜んで”とか、「出席」の下に“させていただきます。”と書くことで、より丁寧に伝わります。他には、御住所、御芳名と書いてあるだろうと思うので、ここでも「御」や「御芳」の文字を縦の1本線、斜線、二重線で消して下さい。
前も書きましたが、「御」や「御芳」の文字の上に、「寿」と書いて消す粋な消し方もありますよ。
また、二人に対しての祝福の言葉、結婚式に招待してもらったお礼、などを返事に書き添えれば、祝福の気持ちが、より伝わるでしょう!

いや〜嬉しい結婚式ですが、結婚式の内容についても書いてみましょう。結婚式で大切なのは、思い出に残る演出!コレに尽きます!入場はシャボン玉。バブルシャワー。フラワーシャワー。アクアブルーは現代版のお水あわせ!餅つきや、サプライズ企画。キャンドルサービスなど、個性ある演出も思い出になるひとつです。演出は自分の納得のいく形で、最高のものにしたいですね、、、人生最大のイベントですから。ちょっとまえの、陣内智則&藤原紀香さんの披露宴では、紀香さんへ陣内さんが、「永遠にともに(コブクロ)」を弾き語りしてました。最近流行りのようですね。そんなサプライズの演出で、招待客のみんなを感動させましょう!

あと、チャペルで挙式をする人や、人前式だけれども、結髪にするとか、ひと昔の結婚式とはかなり変わってきました。アレコレ悩んで、自分たちだけのオリジナル ウェディングを作って下さい。

あっ、コレは招待状を貰った側の解説でしたね(笑) 失礼しました。

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−お返事マナー

Edit