結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−欠席の時には、、、

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式の招待状を貰ったら−欠席の時には、、、

結婚式の招待状を貰いました!凄く喜ばしいことですよね。でも、大事な用事や、不幸にも怪我などで、結婚式にどうしても出席できなくなった時には、泣く泣く欠席しなければならない場合もあります。そんな時の、招待状の返信の方法について説明します。

何度も書いていますが、結婚式を欠席する時にも、返信の葉書は必ず出します。第一に、受け取る側(自分への)に対する敬語を消します。次に、欠席するんですから、“御欠席”の文字の「御」を斜線または二重線で消し、「欠席」の文字を丸で囲みます。“御出席”も同様に、斜線または二重線で消します。色んなところに、自分への敬称が付いています。見逃さないで、住所、名前を書く欄の「御芳名」「御住所」の“御芳”や“御”の文字も斜線または二重線で消します。最後に、丸で囲んだ“欠席”の文字の下に「させて頂きます。」と添えるとより丁寧な表現になります。余白には、欠席の理由と祝福のメッセージを添えます。

そこで問題の、欠席の理由の書き方です。
仕事や家庭の事情の場合(不幸な理由で無い場合)には、、、なるべく、欠席の理由を具体的に書くようにします。最悪なのは「忙しいので、云々」。相手に対して、とっても失礼なので、絶対使わないでくださいね。

次に、不幸があって、結婚式と重なってしまった時には、、、結婚式の招待状に、具体的な理由を書かないようにしましょう。結婚式が終わってから詳しい理由は伝えましょう。

滅多にありませんが、他の結婚式とかぶってしまった場合にも、はっきりと理由は書かない方が無難です。そこで、祝電などを結婚式当日までに式場に届くように送るのもいいと思います。

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−欠席の時には、、、

Edit