結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−手作り

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式招待状作成−手作り

最近の結婚式では、手作りのものが数多く見られるようになってきました。時流ですね。みんな、個性的な結婚式、自分達だけの結婚式を求めているのですね。オリジナル ウエディングが主流になりつつある今、招待状も手作りしますか?

手作りのものを結婚式でよく目にします。例えば、席次表、メニューカード、ウェルカムボード、ウェルカムベアーなどです。なかでも、招待状は、個性的なモノを作る方が増えてきています。昔は、結婚式場にあるカタログなどから選んで、その中から文書やデザインをセレクトして印刷まで任せていました。さらに、親の名前で差出人の名前としていました。

今では、招待状の台紙からも自体も手作りで、文面すら、2人で新郎新婦が考え、新郎新婦の名前で差出人とする人が増えてきています。手作りのだと、思い出にとっても残りますし、気持ちの伝わり方も違ってきます。また、全部を手書きで作るひとや、パソコンで印刷する人など、作り方もまちまちです。

そこで、手作りする時の注意点、結婚式の招待状は、たとえ親しい仲でも、文面がくだけ過ぎた内容では、相手に失礼になってしまいます。どんなに親しい仲だとしても、内容はしっかりとした内容にしたほうが無難でしょう。

ハンドメイドの招待状は、必ず、貰う側にとってもうれしいものです。手作りは、どんなに失敗していても、作った人(新郎新婦)の気持ちがしっかり伝わると思います。なかなかカタログでは見つからない納得のいく招待状を、手作りだと、自分の納得いくまでつくれるというメリットもあります。←大変ですがね(笑)人生の最大のイベント!気合いでハンドメイド招待状を作りましょう!

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−手作り

Edit