結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−二次会の招待状

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式招待状作成−二次会の招待状

今回は結婚式の二次会の招待状についてです。結婚式の二次会は、主催者が新郎新婦の友人の場合には、招待状は形式にとらわれなくてもいいでしょう。でも、結婚式、披露宴と比して、出欠の確認に時間がかかります。早めに郵送しましょう!

結婚式の二次会の主催者が友人の場合は、親しい友人を招くことがメインです。カジュアルな招待状で、まったく問題はありません。
 
さて、その際の内容です。
・日時・場所・会費・返信期日・幹事の名前 を必ず書くようにしましょう。

結婚式の二次会の招待状は、返信が遅れがちですから、結婚式の招待状と同じで、二ヶ月前には発送して、一ヶ月前に返信期日がベター。二次会だからといって直前は止めましょう!最近は、郵送ではなく、ホームページやメールで二次会の案内を出す人も居るようです。フレキシブルに対応しましょう!

あと、前もって招待状を送らず、挙式当日に、小さな紙やチラシ、メッセージカードのような形式に、結婚式の二次会の案内を書いて、出席者に配る場合もあります。でも、当日だと参加できない人が居る事が多いですし、出席できる人数も直前まで把握できません。ですから、できることならば事前に、二次会の案内も発送しておきましょう。

結婚式の二次会は、結婚式とは違って、フレンドリーで新郎新婦との距離も近く、新郎新婦とフランクに話せる機会でもあります。通常、結婚式より盛り上がる場合が多いですね(笑)
二次会は楽しいに越したことはありません!

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−二次会の招待状

Edit