結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−最低限のマナー

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式の招待状を貰ったら−最低限のマナー

結婚式は、人生で最高に幸せなイベントです。そんなイベントである、結婚式の招待状を頂くことはと貰う側にとってもうれしいことです。新郎新婦2人を祝福して、応援し、見守ってあげたいものですね。

招待状を貰ったらどうすればいいか、説明しましょう。

★出席する時のマナー
 なるべく早く返信する!
 当然、祝福のメッセージも書き添える!
 結婚式をする新郎新婦側は、この返信はがきの内容で出席者の人数や席次表を決めます。
 電話や、直接会って出欠を伝えても、返信の葉書は出しましょう!
 
★欠席する時のマナー
 出席するときとは逆に、即答せずに、少し間をおいてから出す!
 祝福のメッセージにプラスアルファで、「出席出来なくて残念だ」という気持ちも忘れずに!
 欠席の理由は、不幸な場合具体的に書かない。
 欠席の場合には、電報で祝電を打つのがいいでしょう!
 必ず式当日に式場に届くようにしましょう。家ではないですからね。
 配達日の1ヶ月前から祝電は受付ています。

★招待状を出す側のマナー
 発送は遅くても、挙式・披露宴をする日の最低1ヶ月前に届くようにしましょう。
 良いのは、2ヶ月前発送の1ヶ月前が返信期限です。
 異性の友達を招く場合には、相手の親類から悪い印象を受ける場合がありますので、人数はあまり多くならないようにしましょう。
 スピーチや余興を頼む友人知人には、招待状の前に手紙や電話などでお願いして、招待状にもメッセージカードなどを添えてお願いする旨を伝えましょう。
 遠方からきてくれる方や、主賓の方に交通費や宿泊費を負担する場合はその旨を書く。
 負担出来ない場合は、お詫びの旨を書きましょう。

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−返信・返事の方法 >  結婚式の招待状を貰ったら−最低限のマナー

Edit