結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−招待状の文章B

プロが教える「感動的な結婚式の音楽演出」極秘ノウハウ

結婚式 招待状 手作り キット特集

結婚式招待状作成−招待状の文章B

結婚式の招待状を作成するときに悩みが尽きない招待状の文面、、、結婚式の招待状の役割には、披露宴のタイプなどを知らせるってのもあります。結婚式の招待状は、結婚式の大方2ヶ月前に発送して、1ヶ月前には返信期日というのが一般的です。

招待状の基本文面は、、、
・一番間違いのないのは、結婚式場やプラン会社にある例文を使う。
・差出人は、昔は親の名前が多かったのですが、新郎新婦の名前にする人が今は多いです。
・差出人の名前を、本人の名前で連名で出す場合と、親の名前を使って出す場合とでは、文面が異なりますので、気をつけましょう。

同封するものは、、、
・返信用のはがき(出欠を確認する)
・結婚式場の現場の案内(地図や時刻表も同封するといいでしょう)
・余興やスピーチをお願いする人には、その旨を書いたカードを同封します。

結婚式招待状の内容は、、、
・誰と誰が結婚するのか
・簡単な挨拶の言葉
・日時
・場所
・返信期日
これらは最低限書くようにしましょう。それ以外にも、文面で注意することは、たとえどれだけ親しい仲だからといって、くだけまくった文章は相手に失礼です。「親しい仲にも礼儀あり」が結婚式の招待状の文面の基本ですよ。普段は仲が良くても、礼儀正しい文面で招待しましょう!

そのほかに、遠方から来てくれる人や、主賓の方には、経費(交通費や宿泊費)を負担する場合もあります。負担する場合には、その旨を書く、負担出来ない場合には、お詫びの言葉を忘れずに。

テクラティタグ:  

関連エントリー

結婚式の招待状マナー〜文例/書式/書き方を解説〜Top >  結婚式の招待状−書式・書き方 >  結婚式招待状作成−招待状の文章B

Edit